Blog

2.ダイソーの発泡スチロールマネキンのメリット・デメリット!(ウィッグスタンド)

ダイソーにもウィッグスタンドあるんだよ?
発泡スチロールでできてるもの。

 

今日は、ダイソーに置いてある「ウィッグスタンド」をちょっとご紹介しちゃいます。
主観まじえたメリット・デメリットを伝えながら。

 

 

1.組立式ウィッグスタンドのメリット・デメリット!

前回は組立式ウィッグスタンド書いてみた。

 

 

 

 

ダイソーだけど100円じゃないウィッグスタンド

 

そうなんですよ~。
ダイソーに置いてありながら、100円じゃありません(笑)
600円ぐらいで売ってます。

 

高い?安い?
発泡スチロールだから・・・600円、うーん微妙。

 

 

 

 

 

 

 

で、発泡スチロールマネキンのメリット・デメリットは?

 

 

そうだね~。

1.組立式ウィッグスタンドのメリット・デメリット!

 

 

メリット・デメリットという観点からすると、組立式ウィッグスタンドとあまり変わらないんだけど、
組立式の場合は、プラスチックでできていて、なおかつ組立なので解体できる。
これは発泡スチロールでできているということから多少の違いがあったりする。

 

600円だからお値段も同じぐらいだよね。

 

ダイソーに置いてあるので、「価格が安い」という感覚はないし、
発泡スチロールだからやっぱり600円だと「安い」とはならないと思うけど、
そこと比較をしなければ高いものではなく、負担なく購入できる価格と言えましょう。

 

組立式と違うところは

 

 

まち針でウィッグを固定できるので、スルっと落ちたりはしないというところかな。
そういう意味では、組立式の方がスルっと落ちやすいです。

 

ただ、まち針刺したからと言って、スタイリングまではできず、ヘアアイロンとか使ったらスタンドが倒れてしまうので、
ウィッグを保管しておくもの、という位置づけです。

 

 

組立式と比べると、発泡スチロールだけあって汚れとかは目立ってきます。
あと、見た目も場所をとっている感はありますよね。
とても軽いですが。

 

そして、組立式と同じように
35㎝ほどの高さなので長めのロングウィッグだと床について、毛先にクセがつくという難点もあるかな、と思います。

 

 

【楽天市場・アクアドール】50㎝ウィッグ専用!組立式スタンド
なんの関係もない【楽天市場・アクアドールさん】ですが
この商品だと50㎝の高さの組立式スタンドなので安心ですね!

 

 

あれれ、書いてて組立式よりデメリットを多く書いてる(笑)

 

わたし個人として、発泡スチロールマネキンより組立式でしょ!という感じです。
個人使用ならば。

 

でも、吸盤式の方がオススメですがね。
ヘアセットをする方ならば。

 

次の記事で書きますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

不明な点や質問などお気軽にどうぞ!

お問合せ・コメント欄からもOKです

VIVOのWIGがあなたの幸せを運びますように!

 

〇●—————————————●〇

オーダーメイドウィッグ専門サロン

VIVO【愛知 名古屋・桜本町駅】

 

●無料試着はお気軽に!

(052)825ー4570

お問合せフォームはこちら

〇●—————————————●〇

 

オーダーメイドウィッグなら、自然さを追求したVIVOにお任せ!

名古屋市内はもちろん、刈谷市・岡崎市・大府市・豊田市・豊橋市・知多・小牧市・稲沢市・一宮市・春日井

また、岐阜・三重・その他県外からもご来店いただくようになりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA