Blog

ウィッグをより自然に見せるためにわざとプリン加工!根本暗めの2トーンカラー・グラデーションでより自然に見せるウィッグ

 

 

根本だけプリン加工できるの?

 

プリンてこの画像みたいに

ヘアカラーをしてる人が髪伸びてきて根本だけ黒い状態のことです

 

 

実際よくいますよね?

というか、髪染めてる方はほとんどではないでしょうか?

2色はっきりしたプリンから目立たないプリンまで

 

 

Q.それをウィッグでもできるか?って質問です

 

A.もちろんオーダーですからね~できます!

 

 

 

ちまたでは、オーダーとかセミオーダーとかで売ってても

「ん?ん?それ、オーダーとか名称がついてるけど、既製品?」(笑)

みたいのちょこちょこ発見します

 

VIVOのオーダーウィッグは、全てがオーダーなので、色んな細かいところに手が届くように

要望に合わせて作っていますよ

あ、ごめん、出来ないこともそりゃ、あるとは思うけどね

 

 

で、先日のお客様もプリン処理をするかしないかとっても迷ってました

 

プリン処理も色々あって

根本から4㎝ぐらいの一般的?なプリン処理から

逆に、毛先を明るめで、根本から15㎝ぐらい暗めの2トーンだったりね

 

 

根本グラデーションは、

どれぐらいの割合(長さ)で、どんな色で、というのも要望通り細かく指定できます

と言ってもね、この質問に悩む方がほとんどなんですけどね

 

なので、イメージをお伝えしながら決めてますよ

 

 

ちなみに、プリン処理をするかしなかで迷う方も多いので

簡単なプリンウィッグの利点と欠点もお伝えしますね

 

 

 

 

 

プリン処理の利点と欠点

 

プリンが食べたくなってきた(笑)美味しそう

 

 

 

プリン処理の利点は・・・

 

自然です

 

まさかプリン頭でウィッグとは思わない

しかも、グラデーションも綺麗に自然に入るのでね、より自然ですよ

 

自然なウィッグがさらに自然になります

 

 

 

プリン処理の欠点は・・・

 

欠点は

普通はプリン頭だと「髪染めないと~」ってな状態ですよね

なので、「プリン頭になってるよ」って思われるかもです(笑)

 

実際、より自然さを求めてやる方がほとんどですが

「自然」とう意味ではプリン処理をわざわざやらなくても自然です

 

 

プリン処理を希望されるなら

いかにも2色はっきり分かれていて「早く染めたら?」って感じにならないような、ゆるい2トーンがいいかな

と個人的には思います

 

お好みで作ってくださいね

 

 

ちなみに、わたしもウィッグ愛用者ですが、プリン加工はしたことありません

次作る時してみようかな~

 

以上、ウィッグのプリン処理についてでした

 

 

 

 

 

質問や不明な点などお気軽にどうぞ!

お問合せ・コメント欄からもOKです

VIVOのウィッグがあなたの幸せを運びますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA